診療メニュー

むし歯について

極細のバーで削れば、麻酔不要の場合も

むし歯治療は、進行度合いによって治療内容が変わりますが、基本的にはカリエス(病変部)を削り、詰め物をします。痛みを伴うのは、歯を削るときです。
当院では、削るときの痛みを最小限にするために、むし歯の治療の際は極細のバー(むし歯治療のための先が球状になっている「切削器具」)を用いています。極細のバーであれば、病変部のみを削るという細かい治療ができるからです。この極細のバーを使えば、これまで麻酔が必要であったカリエスも、麻酔なしで対応できることもあります。

小児歯科について

初めは練習から、徐々に慣れていただきます

小さなお子さまは、まずはご家族の方が診察なさるときに、ご一緒に連れてきていただくことがベストです。お母さんも産後の歯のケアは大切ですので、お子さまが1歳くらいになったら、歯医者さんに慣れるためにも、お子さまを連れてきていただくことをおすすめします。
3~4歳で歯が痛くなってしまってから、急に「歯医者さんに行くよ」といわれると、お子さまは怖がってしまうでしょう。
痛くないときから雰囲気に慣れておいて、お口の開け方の練習をしたり、フッ素を塗ったりすることで、むし歯になるリスクは大きく下がります。

審美歯科について

歯を白く美しく、機能的にする治療

審美歯科とは、「歯の美しさ」と「歯の機能性」に焦点を当てた、総合的な歯科医療のことです。歯の黄ばみや変色をホワイトニングで白くしたり、被せ物の銀歯を、白くて透明感のあるセラミックのものに取り換えたり、美しく整えながら、「噛み心地」やブラッシングのし易さなど、機能性も考えた治療を行います。

マイクロスコープ根管治療について

神経をとった歯の根の先に「根尖病巣」ができることがある

中川駅の歯医者ムラマツ・デンタルクリニックでは、根尖病巣があるような状態でも「可能なかぎり歯を抜かない」という理念に基づいた治療を実践するため患部を拡大して治療できるマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入しています。拡大して診ると根管の内部が洞窟のようにでこぼこしていたりして、驚くことがあります。肉眼では状況の診断がつきかねる場合でも、マイクロスコープを使用することで確実な診断ができます。精度の高い根管治療は歯を長持ちさせることができるのです。

口腔外科について

さまざまな口腔外科に対応しています

口腔(口のなか)、顎(あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療です。

この領域には歯が原因となるものから骨格などさまざまな原因が考えられます。まずはお気軽にご相談ください。

  • 歯医者ガイド
  • 院長ブログ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のお悩みは、中川駅から徒歩3分のムラマツ・デンタルクリニックまでお気軽に御相談下さい!

  • お問い合わせ
  • 045-912-6846
    bottom_tel.png